トップ >  家づくりコラム >  見積り書とコストダウン方法

コラム

失敗しないリフォーム必勝術 見積り書とコストダウン方法

リフォーム見積り書の見極め方とコストダウン方法について(2012年12月)

見積り書の見極め方とコストダウン方法についてイメージ画像1
1.リフォームの見積り書の見極め方
<見積り書は複数から取得し、比較検討すること>
リフォームの見積り書は、必ず3社程度の複数のリフォーム会社から取るように心がけましょう。採用されている設備・仕上げ材のグレードによっても多少金額は変わってきますが、要求しているプランがほぼ同じであれば、項目別に比較ができます。大手リフォーム会社の定額制の見積もりは、㎡×100,000円というように単価が決められていますが、リフォーム店や工務店がつくるリフォームの見積もりは、仮設工事から始まり、木工事、屋根・板金工事、タイル・石工事、建具工事、左官工事など大項目別に見積もられています。これを項目別に表を作成し、金額を比較するだけで、どの会社が高いのか安いのかを見極めることができます。例えば、リビング・ダイニング・キッチンの改修工事であれば、見積り書の内装工事の項目の詳細をチェックしてみます。高い会社は、リビング・ダイニング・キッチンすべてムクのフローリングで見ており、安い会社は、リビング・ダイニングを突き板のフローリングで、キッチンはクッションフロアー(ビニールシート)で見ていたとすれば、当然ながら金額は変わってきます。またリビングの広さも10畳であれば、17㎡と施工面積を表記するところと、万が一の施工のやり直しに備え、安全値をとり20㎡と表記するところがあります。当然ながら、金額は3㎡分高くなります。こうしたことが、比較表を作成することにより発見できます。複数の見積り書を比較検討することは、コストダウンをはかるための第一歩とも言えます。


2.コストダウンの方法
見積り書の見極め方とコストダウン方法についてイメージ画像2
●比較表を作成し、項目別にチェックすること
前述したように、項目別に比較表を作成し、各社の金額差の大きい項目を中心に、詳細をチェックしてみます。提案されている内容、設備・仕上げ材のグレード、単価、拾っている面積の違いなどを発見したら、各社に聞いてみることも手です。安く見積もってある会社で、あなたがその内容に納得ができれば、全社が採用でき、コストダウンがはかれます。

●リフォーム会社の得意な建材メーカーの設備・仕上げ材を採用すること
リフォーム会社が普段採用している建材メーカーの設備・仕上げ材を使うのと、あなたが指定した建材メーカーの設備・仕上げ材を使うのでは、実は金額が大きく違ってきます。例えば、たまたまA社のお風呂が気に入り、この商品と指定した定価100万円のお風呂が見積り上70万円で入っていたとします。これをリフォーム会社が普段採用しているB社の定価100万円のお風呂に変更するだけで、掛け率50%だとすれば50万円にコストダウンできます。同等のグレードでも建材メーカーを変えるだけで20万円も安くなるのです。必ずリフォーム会社には、仕入れをする上で、建材メーカーに得意・不得意がありますので、リフォーム会社に相談してみてください。

●目的をはっきりさせ、優先順位をつけておくこと
リフォームの優先順位を最初から決めておくことが大切です。打合せをスタートすると、当初予定していなかったものが提案されがちです。ここもやるならここもというように、どんどん見積り金額が増えていきます。例えば、リビングのフローリングの貼り替え工事とクロスの貼り替え工事を頼むはずだったのが、パースなどきれいな提案を受け、まだ充分に使えるのに、予定していなかったキッチンの取替え工事までおこなったというような話はよくある話です。当初の目的をはっきりさせ、決めた優先順位の上位で線引きをおこない、予算に合わせて留めておくということが必要です。見積もりが高いのではなく、意外と要望が膨らんで、結果、予想もしないくらい見積もりが高く出たというケースの方が多いようです。

 
ネクスト・アイズ株式会社 小野代表
 
 

工務店による施工例、リフォームや注文住宅の施工事例をご紹介、iecocoネット

iecocoネットでは、これからデザイン住宅や、オール電化による省エネ住宅、増改築をご検討の傾けに、全国各地の加盟工務店からのリフォーム、注文住宅の施工事例をご紹介いたします。

デザイナーズハウスで、気になる間取り、外観、内装などについて、加盟工務店が更新した最新の建築事例を画像付きでご覧いただけます。

またリフォームでは、施工の過程もよくご理解いただけるように、工程ごとに撮影され、施工工務店による説明付きです。平屋の建て替えや、はなれのリフォームなど全面リフォームから、トイレや玄関、雨漏りの修理などの様子をわかりやすく解説しています。

和風住宅、モダン住宅などの注文住宅、10坪、20坪の狭小住宅の実例から、戸建だけでなく、 マンションのキッチン、浴室、トイレのリフォーム実例など、工務店による豊富な施工例を無料で閲覧頂けます。

ご紹介している注文住宅の施工例の価格やリフォームの費用については、施主様のプライバシーに当たり、公開致しかねますので、事例紹介している工務店に直接お見積りのご依頼お願いいたします。