トップ >  家づくりコラム >  こんなにも快適!最新キッチンと片付く収納術

コラム

家づくり こんなにも快適!最新キッチンと片付く収納術

こんなにも快適!最新キッチンと片付く収納術(2016年12月)
 

本日のコラムは家族の健康と幸せに不可欠で豊かな暮らしの鍵となるキッチンをどのようにリフォームしたら良いかをご紹介します。家事楽のレイアウトや収納術、便利で快適な最新設備などがあります。家族みんなが心地よく暮らせるキッチンリフォーム術をお伝えいたします。


【1】家事を楽にしてくれる間取りとキッチンスタイル

毎日使うキッチンだからこそ快適に使いたいですよね。
でも現状のキッチンにストレスを抱えている方は多くいます。例えば、

・収納の奥の物が取り出しづらい ・収納が足りない
・換気扇の掃除が大変 ・キッチンと洗面所が遠くて行き来が面倒
・排水口のぬめりが気になる ・調理中の手で水栓を触りたくない
・吊戸棚の上の物が取り出しづらい ・食器洗いが面倒
・魚を焼いたときの匂いが気になる ・キッチンの通路幅が狭くて家族同士ぶつかる

これらの悩みは最新のキッチンリフォームで全て解決します。まずは家事を楽にしてくれるキッチン周りの間取りについて具体的な事例を元にご紹介します。自身の生活を想像しながら見てみましょう。

 

①水周りを集約することで動線を短くする。201611181641_1-300x0.jpg炊事、洗濯、お風呂掃除などをなるべく短い動線にする事で効率的に行うことができる。 少しの時短ではあるが毎日の事なので計上すると大きな時間の節約となる。
②キッチンの通路幅を少し広く取ることで二人 以上での作業がしやすくなる。通常は75~85㎝程度だが、90~100㎝あると作業している人の後ろを通りやすい。
③キッチンの周りに回遊性を持たせる。 通常はキッチンの奥は行き止まりであることが多いがこうすることで人同士がぶつかりづらくパーティー時などにも便利。


201611181700_1-250x0.png家事楽で家族とのコミュニケーションがとりやすいのは「セミオープンタイプ」。カウンターから少しの立ち上がりをつけることで手元やシンク周りを程よく隠してくれ、調味料なども置きやすく水はねなども気になりにくい。 以前のセミオープンタイプは吊戸棚が付いていてその中間がダイニングに対して開いているものが多かったが、吊戸棚を取ることで空間としての広がりやデザインを重視したタイプがトレンド。

 

出典 LIXILホームページ

 

【2】キッチンのかしこい収納術

キッチンの収納というと、食器や調理器具がしまえれば良いと思う方も多いですが、最近では防災意識の高まりからストック食品などを備蓄する家庭も増え、収納が足りないケースも多くみられます。
キッチン収納にとって大切なのは、十分なスペースと適切な位置、そして出し入れのしやすさ。それらのポイントについてみていきましょう。


201611181700_1-250x0.jpg

①キッチンの下台の収納は、以前は開戸タイプが多かったのですが奥の物が取出しにくく、都度しゃがまないといけないのが欠点ですが、最近ではそれらの欠点がない引出タイプが主流です。 ただし引出タイプは開閉の際に力がいるのですが最近ではテコの原理を利用した少しの力で開閉できるものや、開閉の際に中の食器などが動きにくい間仕切り用のパーツなどが充実しています。



201611181700_2-250x0.jpg

② また出し入れのしづらい吊戸棚ですが、最近では昇降式の吊戸棚があり、これらをつけることで楽に出し入れができます。 手動と電動があります。


 


【3】機能的なキッチンの最新事情

上記の工夫以外にも快適なキッチンリフォームに有効な最新設備をご紹介します。


(1)レンジフード201611181707_1-250x0.jpg
面倒なファンの掃除が不要のレンジフード。
高速回転するディスクが吸い込んだ油煙を空気と油に分離し、油は遠心力で飛ばされオイルトレーに。ファンには綺麗な空気だけが送られます。
201611181707_2.jpg



 

出典 LIXILホームページ

201611181732_1-600x0.jpg


(2)水栓201611251731_1-250x0.jpg
調理中の吐水に便利なハンズフリー水栓。吐水口に内蔵されたセンサーが手やモノを感知して自動で吐水と止水をします。(自動モード)節約にもなり家計にも優しい設計です。


 

出典 LIXILホームページ



(3)ガスコンロ&グリル201611251731_2-250x0.jpg
焼魚の臭いを焼き消すスモークオフ機能。
グリル庫内の後方に専用のバーナーを搭載
し焼き魚などの煙や二オイを焼き切り、排気口から出る煙もニオイも大幅に抑えます。

 

出典 LIXILホームページ

 



(4)流し台シンク&排水口201611281045_1-250x0.jpg
お掃除しやすい形状で広々と使えるひろびろラクリーンシンク。天板とシンクの継ぎ目と排水口との継 ぎ目を滑らかにすることでお掃除がしやすくなります。またコーナーをなるべ く四角にすることで広々と使えます。 うず上の水流で綺麗に使えるくるりん排水口。 普通に使うだけで綺麗になるエコな商品。グッドデザイン賞受賞。

出典 LIXILホームページ

 

 

キッチンが快適だと暮らしの質が変わります。ぜひリフォームの際に上記の方法を取り入れてみてはいかがでしょうか。


 

--------------------------------------------------------------------------------------
201611281057_1-200x0.jpg
コラム執筆
SUNIHA UNIHA(サニハユニハ)代表

一級建築士 吉田美帆 Ⓒ2016 Next Eyes.co.Ltd
役立つマイホーム基礎知識はネクスト・アイズ(株)が記事提供しています。
本記事に掲載しているテキスト及び画像の無断転載を禁じます。

--------------------------------------------------------------------------------------

 

 

工務店による施工例、リフォームや注文住宅の施工事例をご紹介、iecocoネット

iecocoネットでは、これからデザイン住宅や、オール電化による省エネ住宅、増改築をご検討の傾けに、全国各地の加盟工務店からのリフォーム、注文住宅の施工事例をご紹介いたします。

デザイナーズハウスで、気になる間取り、外観、内装などについて、加盟工務店が更新した最新の建築事例を画像付きでご覧いただけます。

またリフォームでは、施工の過程もよくご理解いただけるように、工程ごとに撮影され、施工工務店による説明付きです。平屋の建て替えや、はなれのリフォームなど全面リフォームから、トイレや玄関、雨漏りの修理などの様子をわかりやすく解説しています。

和風住宅、モダン住宅などの注文住宅、10坪、20坪の狭小住宅の実例から、戸建だけでなく、 マンションのキッチン、浴室、トイレのリフォーム実例など、工務店による豊富な施工例を無料で閲覧頂けます。

ご紹介している注文住宅の施工例の価格やリフォームの費用については、施主様のプライバシーに当たり、公開致しかねますので、事例紹介している工務店に直接お見積りのご依頼お願いいたします。