トップ >  最新住宅ニュース >  国交省LCMM住宅に上限125万円/戸を補助(3.1)

家造りニュース

国交省LCMM住宅に上限125万円/戸を補助(3.1)

国土交通省は3月1日、東京で開催した同省主催の説明会で、2018年度に予定している「LCCM(エルシーシエム、ライフサイクルカーボンマイナス)住宅」(※)向け支援制度の概要を示しました。

1戸あたり上限125万円(高性能化にかかる費用の2分の1以内)を補助。LCCM住宅の普及を後押しします。

具体的には、先導的な建物の省CO2化を支援する支援事業「サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)」の枠組みのなかに、LCCM住宅部門を創設します。一般財団法人建築環境・省エネルギー機構(IBEC)による認定制度もあります。

要件は、ライフサイクルCO2の評価結果がゼロ以下となること、ZEH(ゼロエネルギー住宅)の要件を満たすもの、住宅としての品質が確保されたもの。
ライフサイクルCO2の計算は、4月に公開予定の戸建て住宅用CASBEE(建築環境総合性能評価システム)の2018年版もしくは、専用の評価ツールによって行います。

住宅としての品質については、CASBEE「B+」同等以上の性能があること、または長期優良住宅認定を要件とする予定。 ※LCCM住宅とは、使用段階だけではなく、資材製造や建設段階、解体時まで含めたライフサイクルで建物が排出するCO2を再生可能エネルギーの効果により、ゼロ以下にする住宅のこと。建設行為によるCO2排出を実質的になくすことができます。

 

工務店による施工例、リフォームや注文住宅の施工事例をご紹介、iecocoネット

iecocoネットでは、これからデザイン住宅や、オール電化による省エネ住宅、増改築をご検討の傾けに、全国各地の加盟工務店からのリフォーム、注文住宅の施工事例をご紹介いたします。

デザイナーズハウスで、気になる間取り、外観、内装などについて、加盟工務店が更新した最新の建築事例を画像付きでご覧いただけます。

またリフォームでは、施工の過程もよくご理解いただけるように、工程ごとに撮影され、施工工務店による説明付きです。平屋の建て替えや、はなれのリフォームなど全面リフォームから、トイレや玄関、雨漏りの修理などの様子をわかりやすく解説しています。

和風住宅、モダン住宅などの注文住宅、10坪、20坪の狭小住宅の実例から、戸建だけでなく、 マンションのキッチン、浴室、トイレのリフォーム実例など、工務店による豊富な施工例を無料で閲覧頂けます。

ご紹介している注文住宅の施工例の価格やリフォームの費用については、施主様のプライバシーに当たり、公開致しかねますので、事例紹介している工務店に直接お見積りのご依頼お願いいたします。