トップ >  最新住宅ニュース >  家庭の電気料金、女性の6割が「上がっていると感じる」(8.23)

家造りニュース

家庭の電気料金、女性の6割が「上がっていると感じる」(8.23)

トレンド総研(東京都渋谷区)が、家庭の電気料金に関する意識・実態調査を実施し、その結果を発表しました。
調査結果によると、57%の女性が、ここ数年の家庭の電気料金について「上がっていると感じる」と回答。
また、毎月の家庭のおおよその電気代を把握している人342人に夏の電気代についてたずねると、84%が「夏は、他の季節に比べて電気料金が高くなりやすいと思う」と回答がありました。

「電気料金が家計の負担になっていると感じることがある」と答えた人は41%、「現在よりも料金があがると負担に感じる」と答えた人は49%でした。
その一方で、電気料金にかかわる「燃料費調整制度」や「再エネ賦課金(再生可能エネルギー発電促進賦課金)」について知っている人はわずか2割台にとどまりました。
さらに、2018年7月に閣議決定された「エネルギー基本計画(第5次エネルギー基本計画)」について知っている人はわずか7%でした。
電気料金自体は気になるものの、料金を左右する仕組みなどについては理解できていない人が多いことがわかりました。

「燃料費調整制度」とは、燃料価格や為替レートの影響が電気料金に反映される仕組みです。燃料価格が下落すれば電気料金は下がり、上昇すれば電気料金も上がります。
「再エネ賦課金」とは、再生可能エネルギー発電を普及・拡大させることを目的に、電力会社が再生可能エネルギーを買い取る際の費用を企業や家庭といった電気の使用者が負担するものです。
「再エネ賦課金」は、増加の一途をたどっており、一般家庭の負担額は初年度(2012年度)で年間約800円だったものが、今年度では約9000円近くにまで増えています。

20代~40代の女性、500人を対象にインターネットでアンケートを実施。調査期間は、7月18日~20日。
 

工務店による施工例、リフォームや注文住宅の施工事例をご紹介、iecocoネット

iecocoネットでは、これからデザイン住宅や、オール電化による省エネ住宅、増改築をご検討の傾けに、全国各地の加盟工務店からのリフォーム、注文住宅の施工事例をご紹介いたします。

デザイナーズハウスで、気になる間取り、外観、内装などについて、加盟工務店が更新した最新の建築事例を画像付きでご覧いただけます。

またリフォームでは、施工の過程もよくご理解いただけるように、工程ごとに撮影され、施工工務店による説明付きです。平屋の建て替えや、はなれのリフォームなど全面リフォームから、トイレや玄関、雨漏りの修理などの様子をわかりやすく解説しています。

和風住宅、モダン住宅などの注文住宅、10坪、20坪の狭小住宅の実例から、戸建だけでなく、 マンションのキッチン、浴室、トイレのリフォーム実例など、工務店による豊富な施工例を無料で閲覧頂けます。

ご紹介している注文住宅の施工例の価格やリフォームの費用については、施主様のプライバシーに当たり、公開致しかねますので、事例紹介している工務店に直接お見積りのご依頼お願いいたします。