トップ >  最新住宅ニュース >  理想のマイホーム、「持ち家」が7割以上(4.4)

家造りニュース

理想のマイホーム、「持ち家」が7割以上(4.4)

ついに新元号が発表されましたね。平成も残すところ1ヵ月。新たな時代の幕明けに新しいことを始める方も多いのではないでしょうか。本日は「マイホーム」についての話題をご紹介いたします。

ママ向け情報サイト『ママスタジアム』を運営する株式会社インタースペース(東京都新宿区)は、こだわりや理想のマイホームに対するママ達の考えを知ることを目的に、「マイホームに対する意識」調査を行いました。

①住宅購入にあたり、両親からの援助がありましたか?
「援助は受けていない(57.8%)」が全体の過半数を占め最も多い結果となりました。いずれかの両親から援助を受けた方、どちらの両親からも援助を受けた方はあわせて4割以上となり、経済的に両親のサポートを受けている方も多いことがわかります。

②いまのあなたにとっての「理想のマイホーム」は、持ち家?それとも賃貸?
「持家(74.1%)」という回答が大多数となりました。次いで「賃貸と持家を臨機応変に(21.4%)」となり、子どもの誕生や成長、通園・通学、パパママの通勤条件など、変化の多い子育て世代において、臨機応変に対応することでリスクを軽減しようとする考え方を見ることができます。

③「理想のマイホーム」の立地・環境としてあなたが重視したいことは何ですか?
「立地(69.4%)」が最も多く、次いで「商店街・スーパーの有無など買い物環境の良さ(61.5%)」、「日当たりや眺望の良さ(55.7%)」、「学区(52.5%)」が続いています。「保育園・学童に入れそうか(18.5%)」という回答も2割弱あり、働くママが重要視するポイントも垣間見える結果となりました。
学区をはじめとする子どもの教育環境という視点では、ママ達にとってマイホーム選びの際にも重要な要素となっていることがわかります。

そのほか、「理想のマイホームの条件、譲れないポイントや叶えたい夢」という質問に対しての自由回答では、「対面式キッチン(オープンキッチン、アイランドキッチン)」「スキップフロア(小あがりや段差がある空間)」「ルーフバルコニー」「サンルーム」「ファミリー玄関(家族用玄関)」などのいまどきの設備が多くあがったようです。

また、「子どもたちや友達が集まって遊べるスペース」「お友達や家族をよんでお庭でバーベキュー」など、家族をはじめとして友人などが集まるオープンな空間のイメージを持っているママも多いようだとしています。こうした結果の背景には、TV番組や雑誌、SNSなどを通じて他の家族のマイホームの様子を見る機会が増えたことや、両親を含めた家族やママ友同士で、お互いの家庭を行き来する機会があることなどが影響しているのではとしています。

詳細はこちら

調査対象は、
全国のママスタジアムユーザーで子供がいる母親379名。
インターネットでアンケートを実施。調査期間は、2019年2月19日~2019年2月28日。
 

工務店による施工例、リフォームや注文住宅の施工事例をご紹介、iecocoネット

iecocoネットでは、これからデザイン住宅や、オール電化による省エネ住宅、増改築をご検討の傾けに、全国各地の加盟工務店からのリフォーム、注文住宅の施工事例をご紹介いたします。

デザイナーズハウスで、気になる間取り、外観、内装などについて、加盟工務店が更新した最新の建築事例を画像付きでご覧いただけます。

またリフォームでは、施工の過程もよくご理解いただけるように、工程ごとに撮影され、施工工務店による説明付きです。平屋の建て替えや、はなれのリフォームなど全面リフォームから、トイレや玄関、雨漏りの修理などの様子をわかりやすく解説しています。

和風住宅、モダン住宅などの注文住宅、10坪、20坪の狭小住宅の実例から、戸建だけでなく、 マンションのキッチン、浴室、トイレのリフォーム実例など、工務店による豊富な施工例を無料で閲覧頂けます。

ご紹介している注文住宅の施工例の価格やリフォームの費用については、施主様のプライバシーに当たり、公開致しかねますので、事例紹介している工務店に直接お見積りのご依頼お願いいたします。