トップ >  住宅業界ニュース >  消費税増税・若年層向け住宅ローン優遇で住宅購入は今?

消費税増税・若年層向け住宅ローン優遇で住宅購入は今?

2012/09/12

201209121505_2.jpg
 
2012年6月11日。政府は消費税増税法案の目処を正式に発表しました。

まだ、開始年月は決定ではないものの、

2014年(平成26年)4月1日 - 消費税5%から8%に引き上げられる予定。
2015年(平成27年)10月1日 - 消費税8%から10%に引き上げる予定。


とされています。

増税に伴い多くの納税者が負担を強いられることになりますね。

とりわけ、その中でも
『高額な買い物であるマイホームを購入しよう』
と考えている人には大きな痛手となります。

『住宅を購入するなら、ぜひ増税前に』
と考える方も多いのではないでしょうか。

201209121505_6.png

その中で朗報。

国土交通省は主に若年層の住宅購入を後押しするため、

【2013年度から住宅金融支援機構が取り扱う長期固定金利型の
住宅ローン「フラット35S」の新しい金利優遇制度を設ける方針だ。】


と発表しました。


初めて一戸建てや分譲マンションを購入する人を対象に、

通常は0.3%の金利優遇幅を0.5%

にするようです。


詳細は、下記をクリックしてご確認下さい。
201209121505_2.gif



201209121505_7.png
 
また、
・省エネの推進やCO2の排出量を抑えることができる家
・認定長期優良住宅
・認定省エネ住宅
・バリアフリー改修促進税制
・省エネ改修促進

には、

201209121505_8.png太陽光発電システム補助金
201209121505_9.png住宅ローン減税制度 

といった国からの補助の利用できます。


補助金や制度には締切や申し込み期限、補助内容の変更などがありますので、
事前にお住まいの市区町村や各団体ホームページなどで、かならずご確認ください。


201209121505_10.png

 

家は大きなお買い物。

焦って取り掛かって、家づくりで失敗しないためには、こちらの工務店にご相談下さい。
201204091609_1.jpg


 
201204091609_11.gif