トップ >  住宅業界ニュース >  「フラット35」Sの対象に認定低炭素住宅が追加されました

「フラット35」Sの対象に認定低炭素住宅が追加されました

2012/12/11

201212111520_1-650x0.jpg

住宅金融支援機構は12月4日から始まる「認定低炭素住宅」
【フラット35】(金利Aプラン)」に追加すると発表しました。

ところで認定炭素住宅って???

201212111520_2-350x0.jpg 【その他】
・天井断熱180mm
・外壁断熱100mm
・床断熱100mm
・南窓の軒ひさし
・常時換気システム
・東西窓の日除け
・連続する防室温気密層
 
何かというと、二酸化炭素の排出量が少ない住宅ですね。
複層ガラスなどで建物の断熱性能アップ
して冷暖房をなるべく使わず
空調・換気・給湯などで消費電力を抑え、
太陽光で電気を創るetc...
これらを取り入れることで、所得税、登録免許税、個人住民税など

減税の措置がとられています。

そこで
「認定低炭素住宅」「フラット35」よりも金利が優遇される
【フラット35】(金利Aプラン)」の適合条件に追加されました。

201212111520_1.png
こちらの画像をクリックすると、PDFファイルが開きます。

もっと詳しくフラット35について知りたい方は、
ずっと固定金利の安心【フラット35】

住宅金融支援機構の試算例によると、3,000万円を35年返済で借りると、
総返済額ではフラット35より
90万円お得なようです。

 詳細は下記のサイトよりご確認下さい。
住宅ローン【フラット35】の住宅金融支援機構
エネルギーを無駄遣いしない低炭素住宅で経済的にもバックアップ。
是非活用したいですね。


家は大きなお買い物。

資金計画のご相談は、是非こちらの工務店にご相談下さい。
201204091609_1.jpg

201204091609_11.gif