トップ >  住宅業界ニュース >  工務店をサポートする 「認定低炭素住宅 適合サポート」 をスタート

工務店をサポートする 「認定低炭素住宅 適合サポート」 をスタート

2013/03/26

認定低炭素住宅 適合サポート

2012年12月4日に国土交通省より「低炭素建築物認定制度」が施行されました。
 
低炭素建築物認定制度とは?
日本のCO2排出量が1990年比で最も増大している民生部門(家庭・業務)、
特に住宅・建築物における取り組みを強化するために、
省エネ基準の見直しとあわせて施行された新しい制度です。
 
 
低炭素住宅の認定を取得するには?
1.家の躯体の断熱性能が次世代省エネ基準(平成11年基準相当)相当であること
2.一次エネルギー消費量を省エネ法の省エネ基準より
   10%以上削減すること(家電分を除く)
3.低炭素化の措置として8つの選択項目から2つ以上を満たすか、
  CASBEEなどの環境性能評価で自治体の認定を受けること
 
といった要件が設けられ、これらを3つを満たし、
自治体から低炭素建築物に認定されると、
税制優遇や住宅ローン優遇、容積率緩和などが適用されます。



 

 
 
「認定低炭素住宅 適合サポート」は、木造戸建住宅を対象にスタートします。
工務店が認定申請するために必要な
『躯体の断熱性能』や『一次エネルギー消費量』の計算、
その基準をクリアするための建物・設備仕様の検討、
ならびに申請図書作成などを総合的にサポートします。

 
 
サポート内容
設計図書記載事項漏れチェックおよび仕様アドバイス
認定申請書の作成
技術的審査依頼書の作成
設計内容説明書の作成
技術的審査に必要な計算書の作成
使用部材のカタログ、認定書の添付
登録住宅性能評価機関への技術的審査代行申請
評価機関から交付された適合証の送付
 
 
サポートを利用して行政の住宅関連法制度にシッカリ対応できますね!
 
 
詳細情報はこちらです
認定低炭素住宅適合サポート
 
 


設置・ご相談をご希望の方は、下記へお問い合わせ下さい。
 

お問い合わせ

 
LIXIL