トップ >  新商品紹介 >  ”一部屋単位”の断熱エコリフォーム「ココエコ(ウォールインプラス)」モデルチェンジ

”一部屋単位”の断熱エコリフォーム「ココエコ(ウォールインプラス)」モデルチェンジ

2014/07/01

”一部屋単位”の断熱エコリフォーム「ココエコ(ウォールインプラス)」モデルチェンジ
 
LIXILでは、“一部屋単位”で断熱リフォームができる「ココエコ」の壁用の断熱パネル「ウォールインプラス」のモデルチェンジを行いました。
対象エリアを拡大した上で、2014年6月1日(日)より販売開始しました。


■新しい「ココエコ(ウォールインプラス)」はここが違います

1. 最短1日でのスピード施工が可能に!
従来のウォールインプラスは、真空断熱材を表面紙で覆った厚さ15mmのパネルですが、今回のモデルチェンジで、石こうボードと真空断熱材が一体化。厚さ30mmの仕様となりました。
これにより、従来必要だったウォールインプラス施工後の石こうボードの施工の必要がなくなり、接着剤で既存壁に固定するだけの簡単施工となりました。

2. 対象エリアが拡大!
パネルの性能向上や、仕様条件の追加により、今まで対象外だった省エネ基準 (平成25年基準)地域区分4地域(旧Ⅲ地域)の国内全地域でも取り扱いできるようになりました。


■新しい「ココエコ(ウォールインプラス)」の節電効果

1. 夏も冬もエアコン効率アップ!
「ココエコ」で部屋の断熱性が高まるので、夏の熱気や冬の冷気が入りにくくなり、 エアコンの効きが良くなります。また、断熱効果によって、 暖房や冷房を止めた後も快適な室温が長持ちします。年間を通して部屋の快適な温度を保ちます。

2. 冷暖房費が節約!
エアコンの効率がよくなるので、冷暖房の使用を抑えられ、結果、電気の使用量が下がります。
「ココエコ」で断熱リフォームした部屋を対象に、年間の冷暖房費が最大で約30%ダウン、14,010 円の節約になる試算です。
冷暖房費節約
注)「ココエコ」で断熱リフォームした部屋が対象。
  熱付加計算プログラム「SMASH」((財)建築環境省エネルギー機構)を用いて、
  リビングにおける年間冷暖房削減効果を算出。(諸条件は、web
  (http://tostem.lixil.co.jp/lineup/kouhou/cocoeco/function/f_02.htm)にて公開)


「ココエコ」で、「家と空気のお悩み」解決しませんか??
詳しくはこちらのホームページをご覧ください。
 
 
設置・ご相談をご希望の方は、下記へお問い合わせ下さい。
 

201204091609_1.jpg

 
201204091609_11.gif